サイト内検索

本坊酒造の芋焼酎

商品詳細

さつまおはら

一覧に戻る

さつまおはら

製品名さつまおはら
酒 別本格焼酎(芋)
特 徴 強い芋香
黄金千貫仕込み
原材料 さつま芋(南薩摩産)
米麹(国産米)
蒸 留常圧蒸留
種 麹白麹
割り水 津貫天然水
度 数25%
製造場 知覧蒸溜所

薩摩芋焼酎

昔ながらの懐かしき味わいを持つ芋焼酎。

薩摩芋焼酎の正統を守りながらも、研鑽を重ね技を磨き、尽きる事のない焼酎への想いを込めて昭和20年代より造り続けられる「さつまおはら」。懐かしくもおおらかな風土を伝える味わいと風格があります。新鮮でふくよかな甘さと香り、伸びのきくおいしさは懐かしき薩摩の芋焼酎です。

オススメの飲み方

ストレートロック水割りお湯割りその他

ご購入はこちらから

関連商品

さつまおはら(25% 900ml)

さつまおはら

25% 900ml

希望小売価格 998円
さつまおはら(25% 1,800ml)

さつまおはら

25% 1,800ml

希望小売価格 九州 1,825円
全国 1,858円
復刻手造りおはら

復刻 手造りおはら

25% 900ml

希望小売価格 1,296円
伝承さつまおはら にごり(25% 900ml)

伝承さつまおはら にごり

25% 900ml

希望小売価格 1,296円
伝承さつまおはら にごり(25% 1,800ml)

伝承さつまおはら にごり

25% 1,800ml

希望小売価格2,484円

仕込み蔵(蒸留・製造)

知覧蒸溜所

知覧蒸溜所:鹿児島県南九州市知覧町塩屋29226-1

日本一の黄金千貫(さつま芋の品種)産地、薩摩半島の南端に知覧蒸溜所はあります。
焼酎造りに欠かせない「新鮮で良質なさつま芋」と「良質かつ水量の豊富な天然水」に恵まれた知覧は、本格芋焼酎を安定して造り続けるための理想的な条件が揃っています。

その生産量は本坊酒造でもトップ。製造時期には、1日当り「約50tのさつま芋」「約10tの麹用の米」「約39tの仕込み水」が使われ、「約5万リットル(1.8L瓶換算で約28,000本)」の芋焼酎になります。

杜氏

上村敏彦

杜氏 上村 敏彦:1967年生まれ 鹿児島県南九州市出身

津貫貴匠蔵で8年間杜氏をしてから、知覧蒸溜所の杜氏に就任しました。常に清潔と目配りをきちんと大事に積み重ね、人様が口に入れる物を造っている意識を持って製造しています。
知覧蒸溜所は、さつま芋の一大産地に隣接し、周辺で獲れた芋を、新鮮なうちに仕込めます。 美味い焼酎を安定的に供給するには、新鮮な材料、美味い水、伝統の技など沢山のものが求められます。 全てを兼ね備えた恵まれた立地である「知覧蒸溜所の焼酎」のふくよかな芋の甘みを感じて下さい。

受賞歴:国税局鑑評会 平成16年:杜氏代表 平成19年:製造場代表 その他入賞多数。

受賞・認定

薩摩焼酎薩摩焼酎マーク

本格芋焼酎の代名詞「薩摩」の名称は、平成17年12月22日に世界貿易機関WTO協定のひとつである「TRIPS協定」の規定により芋焼酎の地理的表示として認定を受け、国税庁の指定する地理的表示の保護対象となりました。
※TORIPS協定とは、知的所有権の貿易関連の協定。 地理的表示とは、ワインの「ボルドー」、ブランデーの「コニャック」、ウイスキーの「スコッチ」と同様に産地の持つ特別な品質や社会評価を国際的に保護するもの。


南薩摩 本格芋焼酎南薩摩産マーク

「南薩摩・本格いも焼酎」とは、鹿児島県産さつまいもと水を使用し、南薩摩で造られた本格焼酎であることを南薩摩・本格いも焼酎表示認証委員会が認証するものです。薩摩焼酎の風土と伝統を重視し、原料、製法、表示に関する統一基準を定めて情報を開示することにより、お客様の薩摩焼酎への信頼に応え、その適正な商品選択に資することを目的としています。
※このマークは、南薩摩の象徴である開聞岳を表現。鹿児島の地形をパターン化したもの。



南薩摩 本格芋焼酎Eマーク

「鹿児島県ふるさと認証食品」とは、鹿児島県内に古くからある伝統製法食品や、県産の農林水産物の良さを生かした製品、独自の技術により生産された特色のある製品について、製造方法や使用原材料等の認証基準を定め、これに適合するもの。基準に適合した食品についてのみ、左の認証マーク(Eマーク)を貼与できる。
※このマークは、優れた品質(Excellent Quality)、正確な表示(Exact Expression)、地域の環境と調和(Harmony with Ecology)の意味を込めて、この3つのEを備えた「良い品」である事を表しています。

妊娠中や授乳中の飲酒は、胎児・乳児の発育に影響するおそれがありますので、気をつけましょう。
飲酒は20歳になってから。

戻る このページの先頭へ