サイト内検索

本坊酒造のワイン・甘味果実酒

商品詳細

彩紅藤 甲州 2015年

一覧に戻る

彩紅藤 甲州

製品名 彩紅藤 甲州
酒 別

果実酒(白)

生産数 4,700本
栽培地 山梨県南アルプス市
(旧白根町)地区
土 壌 主に砂礫質土壌
(粘土質土壌)
品 種 甲州種
度 数 12%
適 温 8~12℃
容 量 720ml

2015年

「彩紅藤 甲州」は、山梨県産の甲州葡萄のフリーランジュースを用いて低温発酵を行い、シュール・リー製法によって仕上げております。
白い花を連想させる心地よい香りと、繊細で柔らかくも旨みとコクのあるふくよかな味わいで、和食をいっそう引き立てる白ワインです。

※彩紅藤:甲州葡萄の色合い「紅藤色」と「日本の食卓を華やかに彩る甲州ワイン」という想いから名付けた造語。
※シュール・リー製法:発酵後の酵母と一緒にワインを寝かせることで、フレッシュ感とコクをもたらす製造方法。

商品特徴
タイプ やや辛口
若々しい外観からは、全体に透明度が高くクリーンな淡いイエロー。
香り 新鮮なナシ、カリン、デリシャスリンゴといった果実香に白い花の香、わずかにシュール・リー製法からくる酵母が解け込んだイースト香を感じさせる。調和のとれた爽快でフルーティーさを感じさせる香りが特徴的で、わずかに香る熟成香が全体を包み込んだバランスのとれた印象。
味わい アタックは柔らかく、優しくまろやかな印象。シュール・リー製法によって生まれる適度なコクが、味わいに厚みを与えている。余韻にはわずかに甲州種の特徴である苦味をともなった渋味が残り、心地よく味わいに調和している。
料理との相性 新鮮な香りと適度なコクが、和食(お寿司、刺身、天ぷら等)全般、特に肉じゃがや鍋のような温かい料理、出汁の旨味を活かした和食と非常に相性が良い。貝類・甲殻類(エビ・カニ)の料理、洋食ではムニエルや白ワイン煮、鶏や豚等、重くない白身の肉料理にも組み合わせとして適しています。 

希望小売価格

720ml 1,836円

限定商品

地域限定 本数限定

ご購入はこちらから

関連商品

彩紅藤 甲州

彩紅藤 甲州

12% 720ml

希望小売価格 1,836円
白根 シュール・リー 720ml

白根 甲州 シュール・リー

12% 720ml

希望小売価格 1,706円
甲州 三年熟成蔵出し 720ml

甲州 三年熟成蔵出し

12% 720ml

希望小売価格 1,598円
牧丘 甲州 720ml

牧丘 甲州

10% 720ml

希望小売価格 1,566円
甲州 穂坂収穫 720ml

甲州 穂坂収穫

12% 720ml

希望小売価格 1,782円
甲州 十年古酒 750ml

甲州 十年古酒

12% 750ml

希望小売価格 3,248円

醸造場(ワイナリー)

マルス山梨ワイナリー

マルス山梨ワイナリー:山梨県笛吹市石和町山崎126

四季豊かな日本風土を活かしたワイン造りを求め、鹿児島に本社を持つ本坊酒造が、洋酒製造の拠点として山梨県笛吹市石和町にマルス山梨ワイナリーを1960年に設立しました。以来、この地の土壌と気候に謙虚に耳を傾け続け、世界に通じるワインを目指してきました。
「芳醇な味わいと優雅な薫りのハーモニー」をテーマに、穂坂地区(韮崎市)、石和地区(笛吹市)、白根地区(南アルプス市)、御坂地区(笛吹市)、牧丘地区(甲州市)を中心に、山梨の土壌が育む葡萄からCh.Mars(シャトー・マルス)シリーズに代表される、自然が豊かに薫る格式高いワイン造りに尽力しています。

醸造責任者

マルス山梨ワイナリー 田澤長己

醸造責任者 田澤 長巳:1965年生まれ 山梨県甲府市出身

これまで人生の半分以上この仕事に従事してきましたが、経験した仕込みはたったの20数シーズンしかありません。 ワイン造りは毎年が試行錯誤の繰り返しで答えがない難しい世界。 だからこそ一期一会の精神で、その時の葡萄に最適な醸造方法を見つけだしてあげ、世界に一つだけ、マルスだけの美味しいワインを造り出していきたいです。
鑑評会実績:国産ワインコンクール金賞など受賞多数

妊娠中や授乳中の飲酒は、胎児・乳児の発育に影響するおそれがありますので、気をつけましょう。
飲酒は20歳になってから。

戻る このページの先頭へ