サイト内検索

本坊酒造のワイン・甘味果実酒

商品詳細

【生産終了】
工場限定ワイン おいでなして 白ワイン

一覧に戻る

マルスワイン おいでなして 白

製品名 工場限定ワイン
おいでなして 白ワイン
酒 別 果実酒(白)
栽培地 長野県安曇平(安曇野市)
土 壌 小石混じりの黒ボク土
品 種 竜眼(善光寺)種
度 数 12%
適 温 6~10℃
容 量 720ml
製造場 マルス信州蒸溜所

マルス信州蒸溜所限定販売 白ワイン

善光寺竜眼ぶどうを使ったフルーティでドライなワイン。
ブドウの風味を強く感じる爽やかな白ワイン

※「おいでなして」
信州の方言で「ようこそおいでくださいました」という意味です。

商品特徴
タイプ 辛口(白)
特徴 色調はやや濃い目のイエローで、香りには梨や柿のような和の果実香を感じる 味わいは優しい甘さとややシャープな酸味がバランス良く感じられる、やや甘口の白ワイン。

限定商品

地域限定 生産終了

関連商品

おいでなして 白ワイン

おいでなして 白ワイン

12% 720ml

希望小売価格 1,345円
おいでなして 赤ワイン

おいでなして 赤ワイン

12% 720ml

希望小売価格 1,345円
信州みやだワイン 紫輝

信州みやだワイン 紫輝

12% 720ml

希望小売価格 1,952円

醸造場(ワイナリー)

マルス信州蒸溜所

マルス信州蒸溜所: 長野県上伊那郡宮田村4752-31

1985年、本坊酒造株は長野県に蒸溜所を開設しました。マルスワインでは、安曇野産竜眼(善光寺葡萄)の特性を引き出すために様々工夫をしています。 長野県安曇野市は、雄大な北アルプスのふもと松本盆地の北西部に広がる自然豊かな複合扇状地上に位置しています。標高600メートルを超える扇状地「安曇平」は、内陸性気候に属しており、葡萄栽培に理想的な環境を形成しています。

※「安曇平(あづみだいら)」は「安曇野」地域の古称。
※複合扇状地とは、複数の河川によって形成された扇状地のこと。

醸造責任者

マルス信州蒸溜所 竹平 考輝

醸造責任者 竹平 考輝:1964年生まれ 長野県伊那市出身

信州の葡萄から醸造したワインは果実味があり、シャープな酸が特徴です。
葡萄は毎年、栽培環境が違い、その年の葡萄に合わせた最適な造りが変わっていきます。
地元信州(長野)をメインにその葡萄が持っている個性を、最大限活かせるようなワイン造りに励んでいます。

妊娠中や授乳中の飲酒は、胎児・乳児の発育に影響するおそれがありますので、気をつけましょう。
飲酒は20歳になってから。

戻る このページの先頭へ