サイト内検索

マルスウイスキー

本坊酒造のウイスキーのご案内

マルスウイスキーの商品はこちらから

マルスウイスキー 日本有数の歴史を持つ国産ウイスキー

日本で蒸留された初めてのジャパニーズウイスキーは昭和4年(1929)に誕生しました。その20年後、戦後間もない昭和24年(1949)にマルスウイスキーの歴史は始まります。高度経済成長期の昭和30年~40年代には、仕事帰りに立ち寄って気軽にウイスキーを飲めるスタンドバーが流行するなど、日本でもウイスキーが定着しはじめ、やがて日本各地で独自のウイスキー造りをはじめるという「地ウイスキー」ブームが起こります。 製造規模が小さく、少量ながらも地道に個性豊かな地ウイスキー造りに努め、大手メーカーに負けず劣らないウイスキーをめざし、80年代の地ウイスキーブームの火付け役とも言われました。

マルスウイスキーは地ウイスキーの中でも西の雄と言われ、当初、鹿児島で始まった蒸留は、本格的なウイスキー造りの理想の地を求め、昭和35年(1960)からの山梨時代を経て、昭和60年(1985)に長野県駒ヶ岳山麓のマルス信州蒸溜所へ受け継がれ現在に至ります。
スコッチウイスキーを手本としたジャパニーズウイスキーは、繊細な日本人の香味嗜好に合わせて製造技術の改善に努力し、その結果、今では世界5大ウイスキーの1つに数えられるまでになりました。

マルスウイスキーの歴史
クリックで拡大

竹鶴レポートと岩井ポットスティル

国産ウイスキーの生みの親として知られる故竹鶴政孝氏。 当時、24歳だった竹鶴氏に日本の本格ウイスキーの夜明けを託し、上司として彼を英国に送り出した男。その人こそ、マルスウイスキーの生みの親、故岩井喜一郎氏です。
竹鶴氏は、スコットランドにおけるウイスキー研修の結果を「ウイスキー報告書」にまとめ、岩井喜一郎氏に提出しました。それこそ、後に国産ウイスキーの原点となった「ウイスキー実習報告書」通称「竹鶴レポート」です。
マルスウイスキーは、その岩井氏の指導のもとに設計されたポットスティルによって造られた原酒を元に誕生しました。以来、ひたすらに正統スコッチウイスキーを超えるべく、原点に忠実に、本物のウイスキー造りに情熱を注いできたマルスウイスキー。その成果は、ウイスキー通の間で"幻の逸品"と称されるまでになりました。

ブレンデッドウイスキーとシングルモルト・シングルカスクウイスキー

スコッチウイスキーの流れを組むジャパニーズウイスキーは大きく分けてモルトウイスキーとブレンデッドウイスキーの二つに分かれます。
大麦麦芽のみ原料として蒸留されたモルト原酒のみを瓶詰したモルトウイスキー。そして、モルト原酒にその他穀類など原料にして複数回蒸留された癖の少ないグレーン原酒をブレンドして瓶詰したブレンデッドウイスキー。一般的には、ブレンデッドウイスキーは品質の安定など大量生産向き、モルトウイスキーは限定品など少量生産向きと言われています。
天然の清冽な水と冷涼な環境の中で生まれ、熟成されるマルスウイスキーは、ブレンデッドウイスキーを初め、個性的なシングルカスクなど、希少なウイスキーを生み出しています。

一升瓶に詰められた個性的なブレンデッドウイスキー「マルスエクストラ」、シングルモルトの中でも更に希少な一つの樽のモルト原酒のみを使用したシングルカスクウイスキー「駒ヶ岳」など、全国のウイスキー愛好家の方々に、日本の地ウイスキーとして愛される商品を造り続けていきます。

マルス信州蒸溜所

1985年、本坊酒造は、「いつか日本の風土を生かした本物のウイスキーを造りたい」。という夢を実現させるために、長野県中央アルプス駒ヶ岳山麓標高798mの地にマルス信州蒸溜所を開設しました。

こちらの蒸溜所は見学可能となっており、普段見ることのできないポットスティル、ウイスキー製造プラント、原酒の貯蔵庫など、マルスウイスキーの歴史と魅力を感じていただけます。
蒸溜所内の売店ではウイスキーの無料試飲や、マルスウイスキー・ワイン・梅酒・長野県特産のお土産品を販売しております。お客様のお越しをお待ち致しております。

[所在地] マルス信州蒸溜所
〒399-4301
長野県上伊那郡宮田村4752-31
TEL:0265-85-4633
FAX:0265-85-4714

マルス信州蒸溜所を工場見学してみませんか? お申込み・詳細はこちらから

本坊酒造のウイスキーのご案内

薩摩郷中蔵の商品はこちらから

戻る このページの先頭へ