サイト内検索

マルスウイスキー

本坊酒造のワインのご案内

薩摩郷中蔵の商品はこちらから

マルスワインの生い立ちと特徴

マルスワインロゴ

四季豊かな日本風土を活かしたワイン造りを求め、鹿児島に本社を持つ本坊酒造が、洋酒生産の拠点として山梨県笛吹市石和町にマルス山梨ワイナリーを設立したのが1960年。以来、この地の土壌と気候に謙虚に耳を傾け続け、世界に通じるワイン造りをめざし、「芳醇な味わいと優雅な薫りのハーモニー」をテーマに「日本人のための日本のワイン」として、山梨の土壌が育む葡萄からCh.Mars(シャトーマルス)シリーズに代表される、自然が豊かに薫る格調高いワイン造りに尽力しています。

マルスワイン、その葡萄

優良甲州葡萄産地

山梨の白ワインといえば甲州。マルスワインでは、山梨県内の優良甲州葡萄産地を追い求め、砂地で水はけの良い石和地区、乾燥して凝縮感ある白根地区、標高が高く力強い穂坂地区を中心に、それぞれの産地の葡萄をそれにあった醸造方法で、特徴あるワインに仕上げています。また、赤ワイン用葡萄では、従来から多くの契約栽培農家を持つ冷涼な穂坂地区産葡萄に特化し、品種の違いやブレンドの面白さを追求しています。



素材を生かすために、独自の技術

長年の努力の積み重ねを活かし、多種類の酵母を使い分けながら徹底した温度管理のもと発酵を行なっています。白ワインでは香りを逃さないように低温発酵し、赤ワインでは丁寧なタンニン抽出を目的に、やや高めの温度での発酵を行ないます。発酵容器も一般的なステンレスタンクや樽のほかに、鹿児島の自社焼酎蔵で使用していた和甕での発酵も行なっています。

主要ブドウ品種の紹介

主要白ワイン用品種

甲州種
【甲州種】

山梨県原産で、栽培歴は800年ともいわれる、日本を代表する白ワイン用葡萄。
グレープフルーツやリンゴのような香りの、繊細で和食によく合うワインとなります。
甲州ヴェルディーニョ 甲州 白根 シュール・リー 甲州 穂坂収穫 など
シャルドネ種
【シャルドネ種】
フランス・ブルゴーニュ地方原産。シャブリやモンラッシェに代表される白ワイン用品種で、世界的に評価されている白の高貴種。アーモンドやナッツを連想させる香りのワインが多い。
穂坂日之城 シャルドネ など
ヴィオニエ種
【ヴィオニエ種】
フランス・ローヌ地方が有名。シャトー・グリエやコンドリューに代表される品種。
ライチや杏のような繊細な香りが特徴のワインとなります。
穂坂日之城 ヴィオニエ など

【主要赤ワイン用品種】

マスカット・ベリーA種
【マスカット・ベリーA種】

昭和2年に日本で交配された品種で、国産赤ワインの主要品種。キャンディーを思わせるような甘い香りが特徴の、やや軽めのワインとなります。
マスカット・ベリーA コールドマセレーション 御坂 マスカット・ベリーA など
カベルネ・ソーヴィニヨン種
【カベルネ・ソーヴィニヨン種】
赤ワイン用葡萄として、おそらく一番の名声を得ている品種。ボルドーのメドック地区が偉大な産地で、世界中で広く栽培されています。カシスの様な香りを持ち、フルボディのタンニンが強いワインとなります。
穂坂日之城 カベルネ&メルロー 穂坂三之蔵ルージュ カベルネ・ベリーA 穂坂収穫 など
メルロー種
【メルロー種】
ボルドー地方のサンテミリオンやポムロールが偉大な産地とされ、カベルネ同様に世界中で栽培されています。スミレのような華やかな果実香を持ち、柔らかな味わいのワインとなります。
穂坂日之城 メルロー 穂坂日之城 カベルネ&メルロー 遅摘み など
シラー種
【シラー種】
フランス南部やローヌ河流域で偉大なワインとなり、オーストラリアでも多く栽培されています。ブラックベリーを思わせる強い果実香を持ち、重く深い味わいのワインとなります。
穂坂日之城 シラー など

地区ごとの特徴

最高の素材を求めて、穂坂日之城農場のこだわり

西暦2000年に世界の銘醸ワインに負けない、これを凌駕する高品質ワイン醸造を目的に、茅ヶ岳山麓の韮崎市穂坂町丘陵東斜面に2.2haの自社農場「穂坂日之城農場」を取得しました。天地返しとして地表1.5m位掘り返し、土壌改良の目的で石灰石を埋設し、さらには排水を良くする暗渠排水設備を施し、最高の環境を整えました。
日本有数の日照時間を誇る冷涼な高地として、ヨーロッパ系葡萄(ワイン専用品種)を中心に垣根方式で妥協のない葡萄栽培を実践し、自社最高峰となる高品質ワイン醸造に取り組んでいます。
第3回国産ワインコンクールにおいては、甲州種及び欧州系品種赤において、山梨県産葡萄では、初めての金賞を受賞致しました。「日本人のための日本のワイン」の造り手として、風土の味を活かしたワイン造りに邁進していきます。

穂坂地区

三角形をした甲府盆地の北西側の角から立ちあがる広大な茅ヶ岳山麓に位置する、山梨県内を代表するワイン醸造葡萄の産地。標高400~700mの山麓南西斜面は、「日照時間」が長く「少雨冷涼気象区」に属し、「裾野を駆ける風」や「やや粘性のある土壌」がもたらす自然環境から育まれる葡萄は、「凝縮度が高く」「腰の強い」味わいのものとなります。

白根地区

甲府盆地の西部に位置する山梨県内でも有数の葡萄産地。南アルプスを源とする御勅使川(みだいがわ)の氾濫が造り出した扇状地は、砂礫質と粘土質の土壌が混じり合った、大変水捌けの良い葡萄栽培に理想的な傾斜層を形成しています。また「原七郷は月夜にも焼ける」と言われるほど乾燥した特有な土質と昼夜の気温差は、旨味のある引き締まった葡萄を育てています。

石和地区

甲府盆地の東部に位置する、山梨県内を代表する果樹地帯です。 「秩父山塊を水源とする笛吹川によって堆積した水はけの良い砂礫」と「葡萄育成期の温暖な気候」により育まれる石和の甲州葡萄は、「熟度が高く」「柔らかな旨味と甘み」を持つ「香り高い」味わいのものとなります。 マルスワインはこの石和の地で長年に渡り、甲州ワインを醸造し、数々のコンクールで甲州種部門で世界一の評価を頂いています。

御坂地区

笛吹市御坂町は、甲府盆地東部、御坂山塊を背後に控えたゆるやかな金川(かねがわ)扇状地に位置し土壌は砂礫質と粘土質のバランスよい恵まれた土壌で、日本有数の果樹地帯です。
マルスワインでは、この御坂地区産マスカット・ベリーA葡萄を主体に、穂坂地区産アリカント葡萄をブレンドすることで、「果実風味豊かな口当たり」と「凝縮感のある味わい」の赤ワインを醸しました。

牧丘地区

山梨市牧丘地区は、甲府盆地北東に位置する急傾斜の丘陵地帯です。 標高は約700m、秩父山塊を源とする笛吹川を見下ろす一帯の土壌は、大きめの石ころを多く含む粘土質土壌で、日照時間が長く、昼夜の気温差が大きい、葡萄栽培に理想的な環境を形成しています。
マルスワインでは、この牧丘地区産甲州葡萄を適熟期に収穫し、フリーランジュースのみを用いて低温発酵し、「柑橘系の心地よい香りとフレッシュな酸味」で「生き生きとした新鮮な味わい」が特徴の甲州ワインを醸しました。

[所在地] マルス山梨ワイナリー
〒406-0022
山梨県笛吹市石和町山崎126
TEL:055-262-4121
FAX:055-262-4120

マルス山梨ワイナリーを工場見学してみませんか? お申込み・詳細はこちらから

本坊酒造のワインのご案内

山梨マルスワインの商品はこちらから


マルス山梨ワイナリー公式通販【楽天市場店】

戻る このページの先頭へ