サイト内検索

会社案内

創業の精神

本坊酒造は、明治5年(1872年)の創業以来百悠余年に亘り、先代からの思いを繋げ現在に至ります。
本坊松左衛門は、年号も明治に変わって間もない混乱の頃より、父郷右衛門の志「殖産興業による社会奉仕」という精神を受け継ぎ事業を展開。
明治後半には、薩摩を代表する特産物である甘藷を使っての焼酎製造に着手。また、昭和の初めより取り組む山林事業も、現在では鹿児島、宮崎、熊本にまたがる広さとなり、地球環境の維持に貢献できるよう努力するなど、創業以来一貫して変わらぬ姿勢、郷土愛に根ざすという創業の精神を今もなお受け継いでいます。

経営理念 地域文化の継承と革新

地域に根ざし 地域の資源を活用し 歴史、文化、人、技術の響和をもって 独自の「本坊クオリティー」を追求する

本坊酒造の志



行動指針

1.使命の実現と企業倫理の保持
私たちは、高い倫理観を持って、自らの事業の社会的価値を実現します。
2.品質の追求
私たちは、食文化の担い手として、世界基準を見据え、誠実かつ独創性のある商品づくりに努めます。
3.人材育成とチームワーク
私たちは、自立の精神で自らの能力を開発し、共創の精神で相互の価値を高め、無限の可能性と自らの幸福を追求します。
4.真の顧客主義の実現
私たちは、お客様との相互理解と信頼を深め、より高い満足とサービスを提供し、パートナーシップを構築します。
5.体質の強化
私たちは、常に創造と革新の意志をもって業務にあたり、企業力の強化に努めます。

社是

日々改善 日々前進

会社概要

事業内容 酒類の製造販売、山林事業、観光事業、不動産事業
資本金 1億円
従業員 約200名
代表取締役 会長 本坊 修
代表取締役 社長 本坊 和人
戻る このページの先頭へ