サイト内検索

蔵・蒸溜所

本坊酒造発祥の地 津貫貴匠蔵

津貫貴匠蔵 石蔵貯蔵庫 樫樽貯蔵庫 津貫瓶詰工場


本坊酒造創業の地である南さつま市加世田「津貫」。薩摩郷中蔵より車で約1時間、薩摩半島南西の緑あふれる山あいの中に位置します。この津貫という地名は、加世田から坊津に貫ける途中にある場所というところに由来します。緑あふれる山あいの中に創業から受け継がれてきた本坊酒造の原点とも言える蔵があります。
「匠の技は貴し」とする焼酎造りへの情熱と志を今に伝える「津貫貴匠蔵」。長い歴史を感じさせる石蔵が建ち並び、今でも焼酎原酒の貯蔵庫として利用され、特徴のある高品質な焼酎を製造します。
その佇まいからも、昔ながらの製法を守り続ける歴史の重みと、代々受け継がれてきた伝統を感じさせてくれる蔵です。

焼酎の貯蔵熟成 石蔵の話

南国、鹿児島では珍しく毎年積雪のある山間の盆地に石蔵があります。
坊津に貫ける道であるところから、津貫と呼ばれ、古くから焼酎の里として名を馳せていました。戦前には幾重にも石蔵が列になり、鉄道がこの石蔵まで引き込まれていました。工場で使う燃料を北九州から運び込み、製品を県外に運び出すためです。真夏でもひんやりとしたこの石蔵で焼酎は貯蔵されています。

焼酎の貯蔵熟成 樫樽の話

焼酎は寝かせると味がまろやかになります。一年を通じて温度差の少ない石蔵は焼酎の貯蔵熟成に適しています。石蔵の重い戸を開けて中に入ると、ひんやりとした空気の中で樫樽が上下二段、樽詰めをした順に並んでいます。樽の中の原酒は、年に数回、熟成の度合いを確かめる他はひたすら眠っています。数年の眠りの間に樫樽の香りと色が微かに溶け込み淡く黄色味を帯びた熟成原酒となるのです。

杜氏

本坊 龍二:1961年生まれ 鹿児島県津貫出身

杜氏、蔵子の魂のこもった焼酎です。お客様に直接この想いを伝えられれば良いのですがなにより一番はお客様が楽しく笑顔で飲んで頂く事が私達造り手の願いです。

津貫貴匠蔵

所在地 〒899-3611
鹿児島県南さつま市加世田津貫6594
TEL

0993-55-2001

FAX 0993-55-2002

商品一覧

津貫貴匠蔵の商品はこちらから

戻る このページの先頭へ