サイト内検索

本坊酒造の芋焼酎

商品詳細

青天 桜島

青天 桜島

製品名 青天桜島
品目 本格焼酎(芋焼酎)
特徴 冷やして美味しい
原材料名 さつま芋(鹿児島県産)
米麹(国産米)
蒸留 減圧蒸留
種麹 白麹
割り水 知覧天然水
度数 25%
製造所 知覧蒸溜所
製造者 本坊酒造株式会社

冷やして美味い「桜島」

夏季限定販売から通年販売にリニューアル。ロックや水割りによく合う、爽やかでクリアな酒質の薩摩焼酎。完熟バナナのようなフルーティーな香り、すっきりとした軽快な味わいの芋焼酎です。ロックか水割り、冷やしてお飲み下さい。

オススメの飲み方

ストレートロック水割り炭酸割りお湯割り
  • SNSで共有する
  • Facebook
  • Tweet
  • LINE
  • お酒に関する共有は20歳以上の方に限ります

関連商品

青天桜島(25% 900ml)

青天桜島

25% 900ml

希望小売価格 1,016円
青天桜島(25% 1,800ml)

青天桜島

25% 1,800ml

希望小売価格 1,896円
あらわざ桜島(25% 900ml)

あらわざ桜島

25% 900ml

希望小売価格 1,016円
石の蔵から(720ml)

石の蔵から

17% 720ml

希望小売価格 968円

仕込み蔵(蒸留・製造)

知覧蒸溜所

知覧蒸溜所:鹿児島県南九州市知覧町塩屋29226-1

日本一の黄金千貫(さつま芋の品種)産地、薩摩半島の南端に知覧蒸溜所はあります。
焼酎造りに欠かせない「新鮮で良質なさつま芋」と「良質かつ水量の豊富な天然水」に恵まれた知覧は、本格芋焼酎を安定して造り続けるための理想的な条件が揃っています。

その生産量は本坊酒造でもトップ。製造時期には、1日当り「約50tのさつま芋」「約10tの麹用の米」「約39tの仕込み水」が使われ、「約5万リットル(1.8L瓶換算で約28,000本)」の芋焼酎になります。

杜氏

上村敏彦

杜氏 上村 敏彦:1967年生まれ 鹿児島県南九州市出身

津貫貴匠蔵で8年間杜氏をしてから、知覧蒸溜所の杜氏に就任しました。常に清潔と目配りをきちんと大事に積み重ね、人様が口に入れる物を造っている意識を持って製造しています。
知覧蒸溜所は、さつま芋の一大産地に隣接し、周辺で獲れた芋を、新鮮なうちに仕込めます。 美味い焼酎を安定的に供給するには、新鮮な材料、美味い水、伝統の技など沢山のものが求められます。 全てを兼ね備えた恵まれた立地である「知覧蒸溜所の焼酎」のふくよかな芋の甘みを感じて下さい。

受賞歴:国税局鑑評会 平成16年:杜氏代表 平成19年:製造場代表 その他入賞多数。

受賞・認定

IWSC2018最高銀賞
2018年最高銀賞

IWSC 2018(インターナショナル ワイン&スピリッツ コンペティション)最高銀賞

【IWSCについて】
1969年にイギリスで設立されたIWSC(International Wine & Spirits Competition)は、世界で最も歴史があり欧州最大のアルコール飲料専門の品質・味覚競技会で、ワイン、スピリッツ(焼酎含む)、リキュールの世界で、最も権威のあるコンペティションの一つです。選考は、世界中から集まった著名な審査員によるブラインド・テイスティングと化学的な分析で行われ、各カテゴリー別に「産地」「種類」「スタイル」「ヴィンテージ」などに分類され、金・銀・銅賞が授与されます。その中で最も高い得点のお酒には「ベスト・イン・クラス」や「アウトスタンディング」の称号が与えられます。

SWSC2017銀賞
2017年銀賞

SWSC2017(サンフランシスコ ワールド スピリッツ コンペティション)銀賞

【SWSCについて】
SWSC(San Francisco World Spirits Competition)は米国最大かつ最も権威のある国際スピリッツコンペティションです。審査は一流の審査員団のブラインドテイスティングにより厳格に行われ、金メダル、銀メダル、銅メダルの商品が選出されます。更に各部門最高評価の商品には最高賞が与えられます。

ISC 2017 銀賞
2017年銀賞

ISC2017(インターナショナル スピリッツ チャレンジ)銀賞

【ISCについて】
ISC(International Spirits Challenge)はイギリスの酒類専門出版社「ドリンクス・インターナショナル」が主催するスピリッツを対象にした世界でも有数の権威を誇るコペティション。複数の部門に分かれて、銘柄名を隠したブラインドの状態で世界中の著名な専門家(各部門)が審査にあたり、受賞結果は世界の酒類関係者から注目される。

薩摩焼酎
薩摩焼酎マーク

本格芋焼酎の代名詞「薩摩」の名称は、平成17年12月22日に世界貿易機関WTO協定のひとつである「TRIPS協定」の規定により芋焼酎の地理的表示として認定を受け、国税庁の指定する地理的表示の保護対象となりました。※TORIPS協定とは、知的所有権の貿易関連の協定。地理的表示とはワインの「ボルドー」、ブランデーの「コニャック」、ウイスキーの「スコッチ」と同様に産地の持つ特別な品質や社会評価を国際的に保護するもの。

南薩摩 本格芋焼酎
南薩摩産マーク

「南薩摩・本格いも焼酎」とは、鹿児島県産さつまいもと水を使用し、南薩摩で造られた本格焼酎であることを南薩摩・本格いも焼酎表示認証委員会が認証するものです。薩摩焼酎の風土と伝統を重視し、原料、製法、表示に関する統一基準を定めて情報を開示することにより、お客様の薩摩焼酎への信頼に応え、その適正な商品選択に資することを目的としています。※このマークは、南薩摩の象徴である開聞岳を表現。鹿児島の地形をパターン化したもの。

鹿児島ふるさと認証食品
Eマーク

「鹿児島県ふるさと認証食品」とは、鹿児島県内に古くからある伝統製法食品や、県産の農林水産物の良さを生かした製品、独自の技術により生産された特色のある製品について、製造方法や使用原材料等の認証基準を定め、これに適合するもの。基準に適合した食品についてのみ、左の認証マーク(Eマーク)を貼与できる。※このマークは、優れた品質(Excellent Quality)、正確な表示(Exact Expression)、地域の環境と調和(Harmony with Ecology)の意味を込めて、この3つのEを備えた「良い品」である事を表しています。

妊娠中や授乳中の飲酒は、胎児・乳児の発育に影響するおそれがありますので、気をつけましょう。飲酒は20歳になってから。

  • SNSで共有する
  • Facebook
  • Tweet
  • LINE
  • お酒に関する共有は20歳以上の方に限ります