サイト内検索

本坊酒造のウイスキー・ブランデー

生産終了
MARSMALT Le Papillon Double Cask P.helenus

マルスモルト ル・パピヨン ダブルカスク モンキアゲハ

マルスモルト ル・パピヨン ダブルカスク モンキアゲハ

製品名 マルスモルト ル・パピヨン
ダブルカスク モンキアゲハ
品目 ウイスキー(ジャパニーズウイスキー)
原材料名 モルト
蒸留年 2017年4月・5月
樽種類 バーボンバレル
樽番号 T262・T284
瓶詰年 2021年3月
生産数 422本
度数 58%
内容量 700ml
製造所 マルス津貫蒸溜所
製造者 本坊酒造株式会社

ダブルカスクのシングルモルトウイスキー

「マルスモルト ル・パピヨン」は、ウイスキーの熟成環境を形成する日本の四季折々の気候風土、その自然環境の素晴らしさを、日本に生息する蝶をモチーフに表現したシリーズです。
日本最大級の蝶のひとつで、西日本を中心に広く生息する「モンキアゲハ」がテーマの本商品は、黒い翅(はね)に大きな黄白斑が特徴的なその姿をイメージして、バーボンバレルで熟成した二樽の原酒をヴァッティング。シリーズとして初めてマルス津貫蒸溜所で蒸留したモルト原酒を、ナチュラルカスクストレングス、ノンチルフィルターで瓶詰めしたシングルモルトウイスキーの逸品です。

「東京に住む私は、小学生の頃、毎日、図鑑を眺めては、遠い南国の蝶に思いを馳せていた。家族旅行で三浦海岸に訪れた時だった。満開の街路樹のツツジに見たことが無い蝶が舞っていた。息を飲む!モンキアゲハだ。自宅近くに飛んでいるクロアゲハよりも一回り大きく、白い大きな紋が鮮烈だった。私が初めて出会った異郷の蝶だ。ほんのささやかな未知との出会いだが、子供の私にとっては世界が一歩拡がる大事件だった。以来、半世紀に亘ってカメラを片手にいまだ見ぬ蝶を追いかけている。」
シリーズとして初めて、本土最南端のウイスキー蒸溜所・マルス津貫蒸溜所で蒸留した原酒を使用し、『未知との出会い』を表現したシングルモルトウイスキー。
ラベルの写真と蝶の説明文は荻野秀一さんによるものです。
※日本洋酒酒造組合「ジャパニーズウイスキーの表示に関する基準」に合致する商品です。

オススメの飲み方

ストレートロック水割り炭酸割りお湯割り

限定商品

本数限定生産終了

関連商品

マルスモルト ル・パピヨン ダブルカスク モンキアゲハ

マルスモルト ル・パピヨン
モンキアゲハ

58% 700ml 化粧箱入

希望小売価格 11,000円
マルスモルト ル・パピヨン シングルカスク クジャクチョウ

マルスモルト ル・パピヨン
クジャクチョウ

59% 700ml 化粧箱入

希望小売価格 12,100円
マルスモルト ル・パピヨン シングルカスク クモマツマキチョウ

マルスモルト ル・パピヨン
クモマツマキチョウ

58% 700ml 化粧箱入

希望小売価格 12,100円
マルスモルト ル・パピヨン ダブルカスク ヤクシマルリシジミ

マルスモルト ル・パピヨン
ヤクシマルリシジミ

54% 700ml 化粧箱入

希望小売価格 12,100円
マルスモルト ル・パピヨン シングルカスク ギフチョウ

マルスモルト ル・パピヨン
ギフチョウ

58% 700ml 化粧箱入

希望小売価格 13,200円
マルスモルト ル・パピヨン シングルカスク イシガケチョウ

マルスモルト ル・パピヨン
イシガケチョウ

58% 700ml 化粧箱入

希望小売価格 11,000円
マルスモルト ル・パピヨン シングルカスク ミヤマカラスアゲハ

マルスモルト ル・パピヨン
ミヤマカラスアゲハ

60% 700ml 化粧箱入

希望小売価格 11,000円
マルスモルト ル・パピヨン シングルカスク ツマベニチョウ

マルスモルト ル・パピヨン
ツマベニチョウ

60% 700ml 化粧箱入

希望小売価格 12,100円
マルスモルト ル・パピヨン シングルカスク ミヤマシロチョウ

マルスモルト ル・パピヨン
ミヤマシロチョウ

60% 700ml 化粧箱入

希望小売価格 9,900円
マルスモルト ル・パピヨン シングルカスク アオスジアゲハ

マルスモルト ル・パピヨン
アオスジアゲハ

58% 700ml 化粧箱入

希望小売価格 9,900円
マルスモルト ル・パピヨン シングルカスク オオルリシジミ

マルスモルト ル・パピヨン
オオルリシジミ

58% 700ml 化粧箱入

希望小売価格 10,260円

仕込み蔵(蒸留・貯蔵)

マルス津貫蒸溜所

マルス津貫蒸溜所:鹿児島県南さつま市加世田津貫6594

薩摩半島南西の山あいの中に佇む、本土最南端のウイスキー蒸溜所「マルス津貫蒸溜所」。東を蔵多山(475m)、西を長屋山(513m)に囲まれ、温暖な気候と良質な水資源(蔵多山湧水)に恵まれています。

本坊酒造発祥の地「津貫」で焼酎造りを始めてから百有余年、この土地の水と気候風土を知り抜き、自然と時と人の力を生かし、ジャパニーズウイスキーに新しい価値を生み出していきます。

ブレンダー

マルスウイスキーブレンダー 草野 辰朗

ブレンダー 草野 辰朗:1988年生まれ 大分県中津市出身

ウイスキー造りはロマンに溢れています。樽ごとに違う個性を持ったウイスキー達の成長を見守り、それぞれの良さを引き出せるようなブレンダーを目指しウイスキーに浸る毎日を過ごしています。まだまだウイスキー造りに携わって短いですが、ウイスキーに対する愛情、情熱は誰にも負けるつもりはありません。先人の技術を受け継ぎ、発展させ皆様の心に刻まれるウイスキーを造れるよう日々精進して参ります。

マルスウイスキーの歴史

マルスウイスキーの歴史
クリックで拡大

妊娠中や授乳中の飲酒は、胎児・乳児の発育に影響するおそれがありますので、気をつけましょう。飲酒は20歳になってから。

  • SNSで共有する
  • Facebook
  • Tweet
  • LINE
  • お酒に関する共有は20歳以上の方に限ります