サイト内検索

本坊酒造のワイン・甘味果実酒

商品詳細

穂坂 甲州 ホールバンチプレス 2018年

一覧に戻る

穂坂 甲州 ホールバンチプレス

製品名 穂坂 甲州 ホールバンチプレス
酒 別 果実酒(白ワイン)
生産数 2,000本
栽培地 山梨県韮崎市穂坂地区
土 壌 粘土質土壌
品 種 甲州
度 数 12%
適 温 8~10℃
内容量 750ml
醸造地 マルス穂坂ワイナリー
製造場 マルス山梨ワイナリー

2018年

穂坂町産甲州ぶどうを房のままゆっくりと圧搾(ホールバンチプレス製法)し、ぶどう本来の香りを引き出すことを大切にして丁寧に醸造しました。甲州ぶどうが持つグレープフルーツなどの柑橘系の香りが特長的で、フルーティーで爽快感のある辛口白ワインです。

商品特徴
タイプ 辛口(白)
外観 若々しい外観は、全体に透明度が高く、グリーンを帯びた非常に淡いイエロー。
香り 香りのボリュームは豊かで、グレープフルーツ様の柑橘系の香りや青りんごなどの香り、白い花も香りやミネラルを感じさせるアロマが華やかに広がる。
味わい アタックはフレッシュ感に溢れ、口中にはフルーティーな酸味とクリーンな果実味、ミネラル感が広がる。非常にエレガントで透き通った味わいの辛口。
料理との相性 果実味豊かな味わいで、食前のグリーンサラダやアスパラ、牡蠣のバターソース、カルパッチョなど、軽い味わいの料理との相性が良い。家庭での筍の煮物など、和食との相性はもちろん抜群。

限定商品

本数限定

希望小売価格

750ml 1,988円

関連商品

穂坂 甲州 ホールバンチプレス 750ml

穂坂 甲州 ホールバンチプレス

12% 750ml

希望小売価格 1,988円
穂坂 甲州&ヴィオニエ 750ml

穂坂 甲州&ヴィオニエ

12% 750ml

希望小売価格 2,758円
穂坂 甲州樽発酵 750ml

穂坂 甲州樽発酵

12% 750ml

希望小売価格 2,208円
穂坂三之蔵メルロー&カベルネ 750ml

穂坂三之蔵メルロー&カベルネ

13% 750ml

希望小売価格 3,968円
甲斐ノワール 720ml

甲斐ノワール

12% 720ml

希望小売価格 2,208円
甕仕込み マスカット・ベーリーA 750ml

甕仕込みマスカット・ベーリーA

12% 750ml

希望小売価格 2,208円
穂坂 マスカット・ベーリーA樽熟成 750ml

穂坂 マスカット・ベーリーA樽熟成

12% 750ml

希望小売価格 2,208円
穂坂カベルネ・ベーリーA プレミアム 750ml

穂坂カベルネ・ベーリーA プレミアム

13% 750ml

希望小売価格 2,648円

醸造地(ワイナリー)

マルス穂坂ワイナリー

マルス穂坂ワイナリー:山梨県韮崎市穂坂町上今井8-1

日本有数の醸造用葡萄の産地「韮崎市穂坂町」を醸造の拠点としました。穂坂地区は甲府盆地の北西の広大な茅ヶ岳山麓に位置し、雄大な自然環境が育む葡萄は「凝縮度が高く」「腰の強い」味わいのものとなります。高低差のある傾斜を利用した「グラビティ・フロー」設計により、葡萄への負荷が少ない繊細で優しいワイン造りを行っています。半世紀に及ぶマルスワインの歴史と、最新の醸造設備による技術が組み合わさった、葡萄のポテンシャルを限りなく引き出せる蒸溜所です。

醸造場(ワイナリー)

マルス山梨ワイナリー

マルス山梨ワイナリー:山梨県笛吹市石和町山崎126

四季豊かな日本風土を活かしたワイン造りを求め、鹿児島に本社を持つ本坊酒造が、洋酒製造の拠点として山梨県笛吹市石和町にマルス山梨ワイナリーを1960年に設立しました。以来、この地の土壌と気候に謙虚に耳を傾け続け、世界に通じるワインを目指してきました。
「芳醇な味わいと優雅な薫りのハーモニー」をテーマに、穂坂地区(韮崎市)、石和地区(笛吹市)、白根地区(南アルプス市)、御坂地区(笛吹市)、牧丘地区(甲州市)を中心に、山梨の土壌が育む葡萄からCh.Mars(シャトー・マルス)シリーズに代表される、自然が豊かに薫る格式高いワイン造りに尽力しています。

醸造責任者

マルス山梨ワイナリー 田澤長己

醸造責任者 田澤 長巳:1965年生まれ 山梨県甲府市出身

これまで人生の半分以上この仕事に従事してきましたが、経験した仕込みはたったの20数シーズンしかありません。 ワイン造りは毎年が試行錯誤の繰り返しで答えがない難しい世界。 だからこそ一期一会の精神で、その時の葡萄に最適な醸造方法を見つけだしてあげ、世界に一つだけ、マルスだけの美味しいワインを造り出していきたいです。
鑑評会実績:国産ワインコンクール金賞など受賞多数

妊娠中や授乳中の飲酒は、胎児・乳児の発育に影響するおそれがありますので、気をつけましょう。
飲酒は20歳になってから。

戻る このページの先頭へ