サイト内検索

本坊酒造のワイン・甘味果実酒

  • トップ
  • ワイン・甘味果実酒
  • シャトーマルス
  • 白根 甲州 シュール・リー
商品詳細

白根 甲州 シュール・リー 2019年

シャトーマルス 白根 甲州 シュール・リー

製品名 白根 甲州 シュール・リー
品目 果実酒(白ワイン)
生産数 6,000本
栽培地 山梨県南アルプス市(旧白根町地区)
土壌 主に砂礫質土壌(粘土質土壌)
品種 甲州種
度数 12%
適温 6~10℃
内容量 720ml
醸造地 マルス穂坂ワイナリー
製造者 本坊酒造株式会社+M

2019年

南アルプス市(旧白根町)は、甲府盆地の西部に位置する山梨県内でも有数の葡萄産地です。南アルプスを源とする御勅使川(みだいがわ)の氾濫が造り出した扇状地は、砂れき質と粘土質の土壌が混じり合った、たいへん水はけの良い 葡萄栽培に理想的な傾斜層を形成しています。また「原七郷は月夜にも 焼ける」といわれるほど乾燥した特有な土質と昼夜の気温差は、旨味のある引き締まった葡萄を育てています。

マルスワインでは、この白根地区を辛口ワインに適する産地として選び、シュール・リー製法により白根産甲州種の特性を十分にひきだし、清涼感 のある酸味と余韻を持った、味わいのある辛口白ワインを醸造しました。「白根 甲州 シュール・リー」は、マルスワインの技術に 裏づけられた辛口甲州ワインの逸品です。
※シュール・リー製法:発酵後の酵母と一緒にワインを寝かせることで、フレッシュ感とコクをもたらす製造方法です。

商品特徴
タイプ 辛口
若々しい外観からは、全体に透明度が高くクリーンな淡いイエロー。
香り 新鮮なナシ、カリン、デリシャスリンゴといった果実香に白い花の香、わずかにシュール・リー製法からくる酵母が解け込んだイースト香を感じさせる。調和のとれた爽快でフルーティーさを感じさせる香りが特徴。
味わい キレのあるシャープな印象の味わいで、シュール・リー製法によって生まれる適度なコクが、酸味と調和しています。余韻に残る爽快感がクリーンな印象を与えます。
料理との相性 新鮮な香りと適度なコクが、和食(お寿司、刺身、天ぷら等)全般に相性が良い。貝類・甲殻類(エビ・カニ)の料理、洋食ではムニエルや白ワイン煮、鶏や豚等、重くない白身の肉料理にも組み合わせとして適しています。

希望小売価格

720ml 1,746円

限定商品

本数限定
  • SNSで共有する
  • Facebook
  • Tweet
  • LINE
  • お酒に関する共有は20歳以上の方に限ります

関連商品

白根 シュール・リー 720ml

白根 甲州 シュール・リー

12% 720ml

希望小売価格 1,746円
牧丘 甲州 720ml

牧丘 甲州

10% 720ml

希望小売価格 1,603円
甲州 穂坂収穫 720ml

甲州 穂坂収穫

12% 720ml

希望小売価格 1,823円
甲州ヴェルディーニョ 720ml

甲州 ヴェルディーニョ

11% 720ml

希望小売価格 1,636円
甲州 オランジュ・グリ 750ml

甲州 オランジュ・グリ

12% 750ml

希望小売価格 1,636円

醸造地(ワイナリー)

マルス穂坂ワイナリー

マルス穂坂ワイナリー:山梨県韮崎市穂坂町上今井8-1

日本有数の醸造用葡萄の産地「韮崎市穂坂町」を醸造の拠点としました。穂坂地区は甲府盆地の北西の広大な茅ヶ岳山麓に位置し、雄大な自然環境が育む葡萄は「凝縮度が高く」「腰の強い」味わいのものとなります。高低差のある傾斜を利用した「グラビティ・フロー」設計により、葡萄への負荷が少ない繊細で優しいワイン造りを行っています。半世紀に及ぶマルスワインの歴史と、最新の醸造設備による技術が組み合わさった、葡萄のポテンシャルを限りなく引き出せる醸造所です。

醸造場(ワイナリー)

マルス山梨ワイナリー

マルス山梨ワイナリー:山梨県笛吹市石和町山崎126

四季豊かな日本風土を活かしたワイン造りを求め、鹿児島に本社を持つ本坊酒造が、洋酒製造の拠点として山梨県笛吹市石和町にマルス山梨ワイナリーを1960年に設立しました。以来、この地の土壌と気候に謙虚に耳を傾け続け、世界に通じるワインを目指してきました。
「芳醇な味わいと優雅な薫りのハーモニー」をテーマに、穂坂地区(韮崎市)、石和地区(笛吹市)、白根地区(南アルプス市)、御坂地区(笛吹市)、牧丘地区(甲州市)を中心に、山梨の土壌が育む葡萄からCh.Mars(シャトー・マルス)シリーズに代表される、自然が豊かに薫る格式高いワイン造りに尽力しています。

醸造責任者

マルス山梨ワイナリー 田澤 長巳

醸造責任者 田澤 長巳:1965年生まれ 山梨県甲府市出身

これまで人生の半分以上この仕事に従事してきましたが、経験した仕込みはたったの20数シーズンしかありません。ワイン造りは毎年が試行錯誤の繰り返しで答えがない難しい世界。だからこそ一期一会の精神で、その時の葡萄に最適な醸造方法を見つけだしてあげ、世界に一つだけ、マルスだけの美味しいワインを造り出していきたいです。
鑑評会実績:国産ワインコンクール金賞など受賞多数

受賞・認定

穂坂日之城 受賞メダル

年号 コンクール:[受賞内容]
2019 IWSC:[2020年 銀賞]
2018 ジャパン・ワイン・チャレンジ:[2019年 プラチナ賞]
2017 IWSC:[2019年 銀賞]
ジャパン・ワイン・チャレンジ:[2018年 銅賞]
2011 国産ワインコンクール:[2012年 銀賞]
ジャパン・ワイン・チャレンジ:[2012年 銅賞]
2010 IWSC:[2012年 銅賞]
2009 IWSC:[2011年 銅賞]
2006 国産ワインコンクール:[2007年 銅賞]
2004 国産ワインコンクール:[2005年 金賞]
ジャパン・ワイン・チャレンジ:[2005年 銅賞]

<インターナショナル ワイン&スピリッツ コンペティションについて>
IWSC(International Wine&Spirits Competition)は、1969年にイギリスで設立された世界で最も歴史のある酒類品評会でヨーロッパ最大規模の世界的な権威を誇るコンペティションの一つ。世界中から集まった著名な審査員によるブラインド・テイスティングと化学的な分析で厳正に審査されます。製品はカテゴリー別に審査され得点に応じて「金・銀・銅」の賞が授与されます。その中で最も高い得点のお酒に「アウトスタンティング(※2011年以前はベスト・イン・クラス)」、カテゴリーで最高の評価に「トロフィー」の称号が与えられます。


<国産ワインコンクールについて>
国産原料ぶどうを使用した国産ワインの品質と認知度の向上を図るとともに、それぞれの産地のイメージと国産ワインの個性や地位を高めるため、日本国内で栽培される原料葡萄100%で製造したワインの品質を競う、国内唯一のコンクールです。
主催:国産ワインコンクール実行委員会、構成:道産ワイン懇談会、山形県ワイン酒造組合、長野県ワイン協会、山梨県ワイン酒造組合、日本ワイナリー協会、山梨大学ワイン科学研究センター、山梨県

<ジャパン ワイン チャレンジについて>
ジャパン・ワイン・チャレンジ(Japan Wine Challenge)は、1997年の設立以降、年々規模を拡大し、今やアジア最大規模のワイン審査会となっています。マスター・オブ・ワイン並びに、国内外から集まったエキスパート達による審査の下、世界より出品されるワインに対しそれぞれのスタイルに応じたテイスティングが行われます。ジャパン・ワイン・チャレンジはアジア最大で最も重要な国際ワイン・コンペティションであり、ここで賞を獲得することは、世界中のワイン業界で認められることになります。

妊娠中や授乳中の飲酒は、胎児・乳児の発育に影響するおそれがありますので、気をつけましょう。飲酒は20歳になってから。

  • SNSで共有する
  • Facebook
  • Tweet
  • LINE
  • お酒に関する共有は20歳以上の方に限ります